企業紹介私たち芙蓉グループは、
高齢者事業を中心に
活動しています。

会社紹介

事業理念「道を拓き、徳を積む仕事をします」

病院や介護施設といったグループの資源を生かし、
日本の遠隔医療や医療用AIの可能性と
有用性について検証・啓蒙しています。

メッセージ

芙蓉グループ代表  前田 俊輔

現場から生まれた「安診ネット」

私が住宅業界から、先代の意思を継いで病院経営に携わるようになったのは2008年でした。
「住まいを病室にできないものだろうか?」と南ヶ丘病院の現場を見学に行ったときに、次のような現状を目の当たりにしました。
「山田さん、今日お具合どうですか?」と看護師が話しかけるも、患者様からは返事がないのです(認知症によるものであることは後で知りました)。
その代わりに看護師は患者様を観察し、その後バイタルを測定して熱型表を書いていました。「高齢者は一般成人とバイタルのパターンが異なるからグラフを付けているんです」と教えていただきました。
実際の高齢者医療の現場では、一般成人に有効な「問診」に頼らず、注意が必要な患者様をピックアップし、医師に相談していました。

それをそのままシステムに置き換えた素人発想が、「安診ネット」の始まりです。
しかし、当時の私はこれが「在宅遠隔医療」や「個別化医療」の扉を開く取り組みになろうとは、想像もしていませんでした。
その後、2012年に医療難民救済のために作られた「重症者専門の介護施設であるメディカルケアシリーズ」に「安診ネット」を導入し、離床率や寝たきり期間の短縮といった重症化予防の成果を上げていった結果、全国から取材を受けることになりました。
その中で「在宅医療のリスクが急増している今、この取り組みを自分たちの範囲で留めておくのではなく、全国に広げ、多くの高齢者を救う使命があるのではないですか?」というある方の痛いご指摘に背中を押され、今や「安診ネット」は経産省・厚労省・内閣官房・国交省と各省庁をまたぎ、各メーカーと協力する大きな取り組みになりました。
「紙より簡単・早い・見やすいデジタル介護記録簿」に関しても、芙蓉グループ内の介護施設で介護ソフトを次々に3つ購入するも、現場から「使い勝手が悪い」と全て紙記録に戻った苦い現場経験からの産物です。
医療と介護の「現場の声」を活かし、「現場目線のシステム」が出来たのは、全て臨床現場である病院と介護施設の職員の協力の賜物です。
安診ネットを導入している当施設の「死ぬ直前まで元気な介護施設」が全国で再現されると共に、「医療・介護費用が削減されても、『技術』と『人の工夫』により、医療・介護の質と効率は向上できる」ことを願ってやみません。

最後に、開発に協力してくれた職員や社員、協力して頂いた関係者の方々に感謝申し上げます。

会社概要

製造販売芙蓉開発株式会社

事業所名
芙蓉開発株式会社
代表者名
代表取締役  野中美和
所在地
〒812-0015
福岡県福岡市博多区山王1-10-29
主な事業内容
医療機器製造販売、不動産売買・賃貸・管理
資本金
2,000万円
創業年
1986年

関連会社

JTCC

沿 革

2008年

安診ネットの開発に着手

2012年

安診ネットを介護施設に導入

2015年

日本遠隔医療介護協会(JTCC)に参加JTCCについてはこちら

2016年

日本慢性期医療協会機関誌 第103号に「当法人における ICT を活用した在宅療養支援の経緯と展望」が掲載されるダウンロード

2016年

テレケアシステムの開発に対して、商業サービス競争力強化連携支援事業(新連携)に採択

2016年

AI技術開発に対して、戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)に採択

2016年

第20回 日本遠隔医療学会学術大会にて演題発表

2017年

保健医療分野におけるAI活用推進懇談会に召致

2017年

安診ネットヘルスケアホームが、サステナブル建築物等先導事業に採択

2017年

第66回 日本農村医学会学術総会、第25回 日本慢性期医療学会にて演題発表

2017年

AI技術開発に対して、平成29年度厚生労働科学研究費補助金事業(臨床研究等ICT基盤構築・人工知能実装研究事業)に採択

関連会社の商品説明

芙蓉ディベロップメント株式会社
安診ヘルスケアホーム

「健康寿命延伸住宅」でこれからの人生を健康に楽しく

AIがシニアの毎日の生活を見守ります。バイタルデータと連動した空調コントロールや見守り機能など、安診ヘルスケアホームは、医療のノウハウと高品質な住宅を融合してうまれた新しい住まいです。

国土交通省の平成29年度「サステナブル建築物等先導事業」に採択

芙蓉開発株式会社

シニアの健康異常値をお知らせするスマートフォン用アプリ

ご自身でバイタルデータを測定し、アプリに入力することで、AI (人工知能)が健康管理をお手伝いします。バイタルデータだけでなく、生活習慣もアプリで一括管理できます。ぜひ、ご自身の健康づくりにお役立てください。

ページトップ