入力の省力化

介護現場の声を形にした操作性

  • 1記入の省力化

    安診ネットの導入前

    Before

    メモした内容を記入用紙に書き写すなど
    手間がかかります。

    安診ネットの導入後

    After

    タッチパネルで、その場で直感的に入力できます。

  • 2転記の省力化

    Before

    書面ベースでは、同じ内容を別の書類に何度も
    転記しなければいけません。

    After

    一度の入力で、必要な画面に情報が直ちに
    反映されます。

  • 3バイタルデータ
    入力の省力化

    Before

    測定データを記入後、内容を再度確認する、
    などの作業が必要になります。

    After

    測定データはスピーディーにシステムに
    自動反映されます。

  • 4情報共有

    Before

    口頭や書類による情報共有は、手間もかかり
    「抜け」もおこりがちです。

    After

    整理された情報全てが、システム上で共有できます。

ページトップ